パズル&ドラゴンズ

Character pickup

ティフォン

ティフォン
黒龍契士・ティフォン
(くろりゅうけいし・てぃふぉん)
滅雷の黒龍契士・ティフォン
(めつらいのくろりゅうけいし・てぃふぉん)
滅法の黒龍契士・ティフォン
(めっぽうのくろりゅうけいし・てぃふぉん)
邪滅の雷龍契士・ティフォン
(じゃめつのらいりゅうけいし・てぃふぉん)

・スキル:サンセットゾーン
・リーダースキル:継界龍合・ドルヴァ(けいかいりゅうごう・どるゔぁ)
・イラスト担当:茶壱
・スキル:サンセットゾーン
・リーダースキル:継界龍降・ドルヴァ(けいかいりゅうこう・どるゔぁ)
・イラスト担当:茶壱

黒龍契士

龍の力をその身に宿す契約者。
故郷を滅ぼした悪魔を討ち弟を守る為に、龍と契約を交わして黒獣魔・ズオーと白獣魔・イルムの2体へと立ち向かっていく。
契約龍は滅びの雷龍「滅雷龍・ドルヴァ」

黒龍契士の物語

1.龍と魔と契約

世界の中心に位置していたティフォンの故郷は突如顕現した獣魔によって滅ぼされ、白獣魔・イルムに天空を、黒獣魔・ズオーに地上を支配されてしまう。
獣魔襲来の際、故郷から脱出したティフォンは瀕死の重傷を負った双子の弟「ガディウス」を護り、獣魔を討つ為の力を望んだ。
そしてその願いは、長らく闇の鎖で封印されていた「滅雷龍・ドルヴァ」を喚び醒ます。
願いの強さを認められたティフォンはドルヴァと契約を交わす事で「黒龍契士」となり、己の願いの為に獣魔に立ち向かっていく事となった。

【関連モンスター】

2.遊楽魔の館と龍喚士の解放

獣魔との戦いの為、再び己の故郷へ向かうティフォンは、道中で強い龍の力に引き寄せられる。
その先にあったのは、黒獣魔の子分である遊楽魔「アーミル」が守る封印の館だった。
幻術に苦戦しながらもアーミルとの戦いに勝利したティフォンは、館にかけられていた封印を解除し、ズオーによって閉じ込められていた別世界「転界(大倭世)」の龍喚士「ツバキ」「スミレ」「カエデ」を解放する。
3体の龍喚士は獣魔へ立ち向かうティフォンに転界の力を用い、彼と龍との繋がりを深め、その力を強化した。

【関連モンスター】

3.冥魔姉妹の強襲と機操士

配下が敗れ、大倭世の龍喚士の封印が解除された事を知ったズオーは、ティフォンを脅威と感じ、「闊達の灼冥魔・スカーレット」を送り込んだ。
大倭世の龍喚士達のおかげで強化されたティフォンは互角の勝負を繰り広げるが、魔力を充填したスカーレットと冥魔獣の攻撃により、次第に追い詰められていく。
しかし、ティフォンにとどめをさそうとするスカーレットの前に突如「再生の青機操士・シャリテ=マキナ」が出現。
シャリテは主である「覚醒デウス=エクス=マキナ」の命令に従い、ティフォンと共にスカーレットを撃退する。

【関連モンスター】

4.龍王と試練

スカーレット戦後、ティフォンは力の強化を目的にシャリテの助言で世界のバランスを保つ龍王のうちの1体「大弯の海龍王・ヴォルスーン」の元へ赴く。
獣魔を倒し世界を救うに足る存在かを見定める為、ヴォルスーンはティフォンへ龍王の試練を与えた。
試練を通し、ティフォンとドルヴァは互いの存在を認め受け入れる事で魂の融合を完全なものとする。そして試練に打勝ったティフォンは「滅法の黒龍契士」へと契約の形を進化させた。

【関連モンスター】

5.決戦

龍王の試練後、ティフォンは故郷の地へ辿り付き、地上を支配していた黒獣魔・ズオーと対峙する。自身と同等の力を持つティフォンを認めたズオーは幻魔としての真の姿「獄幻魔」となり、熾烈な戦いを繰り広げる。
長い戦いの末、互いに最後の一撃で決着を付けようとするが、2体の戦いの間に「ガディウス」が乱入。戦いは三つ巴となってしまう。
混戦の末、3つの強大な力の衝突が次元を切裂き、ティフォン・ガディウス・ズオーはそれぞれ次元の狭間へと飲みこまれてしまった。

【関連モンスター】

6.脱出

次元の狭間へと飲みこまれたティフォンは出口の無い亜空間の中を彷徨っていた。
生物も物質も無い空間に閉じ込められ、弟の事を案じながらも生きて戻る事を諦めかけていた時、自身の目の前に大穴が開く。
そこから手を伸ばしてくれたのは、自身が封印を解き館から解放した大倭世の龍喚士達だった。自身の為に力を尽してくれた彼女達のおかげで生気を取り戻したティフォンは、伸ばされた手を掴み取って次元の狭間からの脱出に成功した。

【関連モンスター】

7.帰還

大倭世の龍喚士の助けを得て次元の狭間から脱出したティフォンは、どの世界にも属さない「聖域」を守護する「星刻の時龍契士・ミル」へ、継界へ戻る為の道を創り出して欲しいと望む。
生まれ故郷である世界で暗躍する「魔究の狂幻魔・イルム」を倒す事、そして「龍に侵蝕された弟を元に戻す方法を探す」事を新たな目的として継界への帰還を願うティフォンの望みを聞き届け、ミルは星の道を創り出す。
そしてミルは、ティフォンへと一つの言葉を告げる。
「龍との契約破棄を望むなら、溟鮫龍の契約者を探しなさい」
ティフォンは自身を助けてくれた大倭世の龍喚士達とミルに感謝しながら、星の道を辿り、再び継界の地へと辿り付いた。

【関連モンスター】

8.青の龍契士

ガディウスを救うためミルからの情報をもとに青龍契士を探していたティフォンは、山奥でリューネを見つけ出した。
ティフォンは彼女へ自身の弟が契約龍に魂を蝕まれていることを話し、ガディウスを助けるために力を貸して欲しいと願い出る。
そんなティフォンの願いにリューネは頷き、自身の力を必要とする人のために使いたいと申し出た。
龍王の試練を超え、還爪の力を正しく振るうことができるようになったリューネ。
これでガディウスを助けることができる。そう思ったのもつかの間。
ティフォンは強大な力を感じ取ったリューネから、ガディウスが天城で窮地に立たされていることを知らされる。
しかし天城は遠く、今からでは到底間に合わない。
焦りをにじませるティフォンとリューネ。そんな二人の目前に、突如パズルピースの大穴が出現した。
「どうも初めまして。無謀にも狂幻魔に刃向う皆様へ、我が姫君からの贈り物をお届けに参りました」
大穴からひょっこり顔を出しにこりと笑ってお辞儀をしてみせたのは、次元の魔術師・チェスターだった。
困惑するティフォン達に、チェスターは手にしていた鍵を差し出す。
それはイルミナによって改編され呪縛の鎖から解放された「邪翔の魔導姫・ゴエティア」の鍵だった。
ゴエティアは自身を縛り付けていたイルムへの意趣返しとして、イルムに敵対する者へと天城へと直通する扉の鍵を渡すよう、チェスターに命じていたという。
チェスターからその鍵を受け取ったティフォンとリューネは、ガディウスを助けるために魔導姫の鍵を使い天城へと乗り込んだ。

【関連モンスター】

9.弟

天城へ辿り着いたティフォン達は、憮然とした様子で佇むイルムとその側で苦しみ喘ぐガディウスを見つける。
イルムの魔導で魂の殆どを強制的に侵蝕されてしまったガディウスは自我を失い暴走していた。リューネの力を使い、歪に絡み合った魂を解くにはガディウスを制止させなくてはならない。
ティフォンは暴走する弟の前に対峙し、刃を交えた。
ガディウスの力は凄まじく、リューネの援護を受けていても加減をしていられる余裕などない。しかしティフォンは自身が傷付くのも厭わずに弟へと手を伸ばす。
そんなティフォンに、イルムは理解不能だと怪訝そうな顔で尋ねた。
「己の敵として立ちはだかるこの者を、何故まだ救おうとするのか」
その問いに対する答えを出すのに、ティフォンが迷うことはなかった。
「兄が弟を助けるのに、理由などいるものか!」
その想いに呼応したドルヴァは、龍力の全てを左手に集約させ邪滅の力を作り出す。
今、助ける。
ティフォンは想いの全てを込めて左手を伸ばし、ガディウスの心を掴み取った。
邪滅の力がガディウスの魂に干渉していたイルムの魔導を消し去り、暴走していたガディウスはようやくその動きを止め気絶するようにその場へ倒れる。
その隙を逃すことなくリューネが還爪の龍力を使ってガディウスとセディンの契約を解除した。

【関連モンスター】

10.幻魔の目的

無事に歪な契約を解除し弟を助けることができたティフォン。
さらにガディウスはセディンと向き合い、再び龍契士となることができた。
ティフォンは一瞬だけ安堵の息をもらした後、その一部始終を観察していたイルムへと向き直り刃を構える。
そんなティフォン達に、イルムは満足そうに開いていた本を閉じ呟いた。
「龍の書に必要な記録は得られた」
天城でガディウスの暴走を誘引したイルムの目的は、人の魂を喰らう龍と、それを止めるためにリューネが使う龍還の力の全てを観察・記録することだった。
それぞれ新たな力を得たティフォン、ガディウス、そしてリューネを前に、イルムは宣言する。
「残るは龍の印のみ。完全なる魔導書の創造まで、あと僅か」
その言葉と同時に、イルムの前にいたはずのティフォン達の周囲に魔法陣が発動する。
陣から発せられる強大な魔力に、ピクリとドルヴァが反応を見せる。
しかしその理由を問う暇もなく、ティフォン達はそれぞれ別の場所へと転送されてしまった。

【関連モンスター】

黒龍契士の周囲

黒の章

白の章

▲PageTop

ストーリーTOPへ

罫線

※パズドラクロス・TVアニメーション等の設定とは異なります。